javaのスキルで担える幅広い在宅の仕事

フリーエンジニアとなってjavaを使う仕事を行っていく場合には数多くの在宅案件を見つけることが可能です。ネットワークに根ざした仕事が多いことから必ずしも依頼主の企業のオフィスに出向いて仕事をする必要がない仕事が多いため、企業としてもオフィススペースを提供することによるコストを削減する傾向があるからです。

実際に担える仕事の幅は広く、開発系から保守系まで様々なものがあります。トレンドとして多いのは開発系においてはWeb制作、アプリ開発、オンラインゲーム開発といった分野です。
Webやアプリの開発案件の場合には依頼主が一般企業であることが多く、需要に応じて柔軟に開発を進めていく必要が生じることが多い傾向があります。

一方、保守系の場合にはソーシャルゲームの流行によりオンラインゲームの開発とその維持や保守といった一連の仕事が依頼として多く見られます。企業によっては社内インフラの保守を自宅から行ってもらうという依頼をする場合もありますが、インフラにかかわるものは在宅案件としては少なめです。

こういった様々な開発や保守の仕事があるものの、Web業界からの依頼の場合にはjavaを活用して仕事をする場合にもphpの素養が必要とされることもあります。phpで記述されていたブラウザ上のプログラムをjavaへ移行して欲しいという依頼もみられることから、phpも習得しておくとより広い分野の仕事を受けられるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です